毎日思うこと、感じることを日々の時間(とき)の中で綴ります


by reem-akemi
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

今日も一日終わった

暑さは人間の思考を停止させる。今、7時。太陽がやっと斜めに落ちてきた。太陽が完全にその姿を消すまであと1時間ある。太陽が沈んでから男たちは道路にすえられたカフェの椅子に座り、シーシャをふかしながら議論をする。風が吹いてやっと人心地がする。

イスラームがこの地をはじめ赤道上の地域に存在するのはこの暑さのせいではないだろうか。過酷な暑さのあとに夜の優しさがやってきて人は家路を急ぐ。そこには自分を待っている家族がいて、家族とともに夕食を囲み、一日無事に生活できたことを感謝して眠りにつく。もしこの暑さがなかったら夜の優しさを感じることは少ないかもしれない。

イスラームの人々はとても家族を大事にする。アラビア語を教えてくれるナダ先生は「西欧は家族の愛がないというけれど日本はどうなの?」と聞いてきた。日本も家族を大事にしますよと答えたものの、本当はそうでもないような。。。家族を捨てた私としては痛い質問。。。思えば子どもたちが幼いときが私にとって一番充実していたような気がする。子どもの世話をして一日がくれ、ほっとして子どもの寝顔を見るとき、気づかなかったがそれが幸福だったのだ。

考えながら書いていたら、いつの間にか太陽が沈み、夜のとばりが降りてきた。街中にアザーンが流れている。人々がお祈りをする時間だ。

実は、この時間が一番苦手だ。なぜかとても悲しく切なくなってくるから。自由は孤独と隣り合わせ。それを一番感じるのがこの時間。

さて、今日も一日が終わった。日本へ帰りたくなってきた。でも、学校はまだ半分終わったばかり。もう少しがんばらねば(^^)v
[PR]
by reem-akemi | 2009-05-30 02:16 | 日記