毎日思うこと、感じることを日々の時間(とき)の中で綴ります


by reem-akemi
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

土肥信雄校長のこと

昨夜たまたま観ていたテレビ朝日の番組で、とても素敵な人を知った。土肥信雄さん、元三鷹高校校長。すでにいろいろな形でマスコミに露出している方なので知っている人も多いに違いない。東京都教育委員会からの職員会議での教師の挙手・採決禁止の通達に異議を唱え、たった一人で教育委員会と闘った校長先生だ。

その昔、「学校」は社会で唯一ヒエラルキーのない場所にしようと多くの先生がたが努力していた。これから社会に出ていく子どもたちにとって生きることが希望につながるように、子どもたちそれぞれの環境に配慮しつつ学びを教えていた。貧しい家の子どもたちに栄養をと考えて「給食」制度があったのかもしれない。昭和30年代、東北の農村地帯は現在と違って本当に貧しかったので、小学校の給食は子どもたちの成長に大きな役割を果たしたと思う。

もし子どもの頃に世界はヒエラルキーに満ちていると知ったら、どんなに苦しかったか。。。ところが、絶対的なヒエラルキーを教えるのが今の学校教育。エリートはどこまでもエリートの道を歩み、その他はエリートを支える兵隊に過ぎないことを学校は教えている。子どもたちを教える教師たちもすでにその多くがヒエラルキーに満ちた教育を受けたものたちなので、違和感を感じないのかもしれない。

少数の違和感を感じる教師たちには、見せしめのように教育委員会が攻撃し続け、誰も抵抗できないようにしている。

本当にこれでまっとうな社会になるのだろうか?生命力にあふれた社会になるのだろうか。。。
希望の代わりに絶望を教えていくことがどれだけつまらないこことか。。。
先の東京都教育委員会の通達は、誰が考えたことなのか知らないが、実にバカげている。土肥校長が異議を唱えて当然のことだ。先生がたに発言の自由がなかったら、子どもたちの教育を受ける権利を誰が保障するのだろう。誰が子どもを守るのだろう。東京都教育委員会は社会の崩壊に向かってその力を誇示しているようにしか見えない。

教育委員会があまりに愚かなため、土肥校長の誠実さが、正しさが際立って見える。東京都教育委員会は間違ったことは間違ったこととして誤りを認めるべきだろう。
卒業式に土肥校長の隣で監視している教育委員のおぞましさにはぞっとした。ヒエラルキーに満ちた学校教育を変えていかないと本当に日本社会は崩壊するのではないか。。。そんな気がしてならない。。。
[PR]
by reem-akemi | 2009-06-30 11:17 | 日記