毎日思うこと、感じることを日々の時間(とき)の中で綴ります


by reem-akemi
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

倚りかからず

また長いことブログを休んでしまった。このところ精神的に不安定だったことを正直に書こう。思いっきり泣きたいのに泣けず、涙がのどのところにいつもたまっている。苦しくて、悲しくて、息がつまりそうで、心療内科に行こうかと思っているくらいだ。

何がこんなに苦しいのか、ずっと考えている。パートナーには悪いがこの家にいると息がつまってくる。いやだいやだと心の中でいつも思っている。最初はそうでもなかったが、姑が家から一歩も出なくなってからこの家がイヤになってきた。誤解されると困るが、姑がいやだと云っているのではない。

「朝から何も食べてない」と云われたとき、思わずゾッとした。つまり、食事の世話をするのは「主婦」の役割だと言われたのと同じだ。私が食事の支度をしなければ何も食べずにいる。長いこと「主婦」をしてきた人が年を取ったら今度は「嫁」に依存して生きる。家の中にはお米もあるし、野菜もある、卵も十分ある。何かを作ろうと思えば出来ないこともないのに、それをしないのはなぜなのだろう。

80歳にもなろうかという恩師が一人で暮らしている。私は彼のことがいつも気がかりだ。何かあったとき、いつでも駆けつけたいと思う。その恩師の話をしたとき、「私は家族と一緒だから良かった」と姑が言った。家族と一緒の生活は確かに安心ではあるだろうが、生活のすべてを自分の意思で行なうことはとても大切だと私は思う。何を食べようかとか、冷蔵庫には何があっただろうかとか、掃除をしなければとか、その場その場の判断をすることは脳jの活動に大きな意味を持つに違いない。一日中テレビを観ながら、うつらうつらと過ごすと頭がぼっ~としてきはしないのか?内心、私は心配している。彼女は、私が「食事ですよ」というまでそのままだ。健康で、食欲は私が来てからますます増加してきているのにもかかわらず。。。

家父長制の中で、「嫁」の役割を素直に受ける人間だったら、単なる苦労話ですむかもしれない。そんなこと、世間では普通のことよと云われるだろう。
女は「嫁」から「姑」になって自分の身の回りのことまで放棄するのか?情けなくはないか?

正直にいうけれど、「主婦」の役割、「嫁」の役割は私には重荷だ。反吐が出るほどいやな言葉!だから、私は彼女・彼ら(夫と義理の息子)には悪いが役割を返上させてもらうことにした。

私自身は倚りかからずに生きたいと思う。息を引き取るその最後の瞬間まで自分の足で立っていたい。母のように認知症になったら仕方がないとあきらめるけど、倚りかからず生きていきたい。
[PR]
by reem-akemi | 2009-08-07 09:29 | 日記