毎日思うこと、感じることを日々の時間(とき)の中で綴ります


by reem-akemi
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

この頃の新宿

いつも通っているエステのお姉さんがポツッとつぶやいた。
「この頃、中国語ばかり聞こえるのよね」
「そんなにチャイニーズが多い?」
「聞こえる言葉が日本語より中国語のほうが多いくらい。見かけもまったく変わらないし…」

確かに、確かに。電車に乗っても中国語がよく聞こえてくる。中国語は日本語の音の高さと少々異なるようで、日本人の会話よりたくさん耳に飛び込んでくる。高さもそうだけど会話の間の取り方も日本人と違い、途切れることがない。アラブ人と同じで腹式呼吸なのだろうか、声が大きい人も多い003.gif

帰りに新宿・小田急へ寄ると、あちらこちらからなんとなく中国語が聞こえてくる。紳士服売り場でブランドものの洋服を見ている男性二人、明らかにチャイニーズ。

時代が変わったなぁ。。。つくづくそう思う。ニュースによるとドバイの超高級ホテル(船の形をした有名なホテル・・・名前を失念008.gif)の客の60%が中国人だという。あのホテル、私は見学しただけ015.gif。正面玄関のエスカレーターの両脇に水族館のような水槽がで~んとあったような記憶が・・・。

そんなだもん、近い日本にたくさん来てもおかしくないわさ。いまや日本にとっては大事な顧客001.gif。個人旅行が自由になったのだろうか、少人数での行動が多いのも近頃の特徴かも。

もしかしたら日本語より中国語とか韓国語がひんぱんに聞こえる社会って、平和で健全で、日本にとってはいいことなのかもしれない。世界は日本人だけではないよって、言葉が教えてくれる。耳を澄ませばインドネシア語とかタイ語、タガログ語、アジアのいろいろな言葉が行き交っている、そんな東京が望ましいのではないかしら。ビジネスだけではなく、社会そのものに多くのものが入り混じることが強い社会になる過程。そんな気がする。たとえばパリのように、NYのように。
そうすると「日本人」って何?日本人のidentityが問われてくるね017.gif
[PR]
by reem-akemi | 2010-08-12 13:54 | 日記