毎日思うこと、感じることを日々の時間(とき)の中で綴ります


by reem-akemi
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

アムステルダム

2005年10月02日

昨日の9時過ぎに成田到着。

トランジットのためアムステルダムに寄る。少々時間があったので、大好きなゴッホ美術館に高遠さんと行く。
初めてのアムステルダム。いやはや寒いのに驚いた。11月初旬の気候だ。スキポール空港から電車でセントラル駅へ、そこからさらに路面電車で美術館へ。電車から見る街はまるでおもちゃの街のよう・・・。レンガ色の壁に三角屋根の家が横にずらっとならんでとても美しい。幾何学模様の街並みは決してキライではない。いや、野放図に広がった街並みよりずっと好きかも知れない。

スイスに行ったとき、フランス圏とドイツ圏では街並みが違うことに気がついた。フランスは自由奔放に家が建っている。道路も汚いような気がした。ところがドイツ文化のある地域に入ると、どこか整然として幾何学的な感じがした。

またまた私の思い込みを書いている。。。

アムステルダムは移民の町とか。いろいろな国の人が移り住んでいる。路面電車から見えるカフェがさまざまな国の店だと高遠さんが興味深げに語った。
彼女は人間に興味があるからどうしてもそういうところに目が行くのだろう。
もっとも私は彼女ほど目がよくないから(PCをしてから最悪)、流れる風景全体を見るしかない。

美しい風景を見ればみたで心はイラクに飛んでいる。こんな豊かで平和を享受している国がある一方で、なぜ、どうして毎日爆弾をあびなければならない国があるのだろう。

60年前、アンネ・フランクはこの街の片隅で息をひそめて生きていた。60年たって戦争の愚かさに気がついたヨーロッパの人々は二度と戦争を繰り返さないために結びついたのかもしれない。

それにしても、この違いに違和感を感じざるを得ない。たった5時間飛行機に乗っただけで、こんなにも遠いところへ来るなんて。。。

あぁ、やっぱり、どうにかしなきゃ。
[PR]
by reem-akemi | 2005-10-02 02:00 | 日記