毎日思うこと、感じることを日々の時間(とき)の中で綴ります


by reem-akemi
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

永山則夫

2005年11月21日

永山則夫ー1949年6月27日網走に生まれる。幼少のときに母に捨てられ餓死寸前のところを助けられる。その後、青森の母のところで育つが貧しいために中学校も満足に行かず、集団就職で東京に来るがすぐにやめる。以降、仕事を転々とする。1968年連続射殺魔事件の犯人として逮捕、1998年4月東京拘置所で死刑となる。享年48歳。

永山則夫をモデルとした「裸の19歳」(監督 新藤兼人)をDVDで観る。
http://homepage2.nifty.com/e-tedukuri/hadaka19.htm

永山則夫に対して、私は同世代に生きる者として、ずっと負い目のようなものを感じていた。彼が獄中で書いた「無知の涙」を最後まで読むことが出来なかった。
ずっと喉のところにひっかかって、飲み込めない塊として存在していた。

彼が提示し続けていたことを消化することが恐かったからかもしれない。永山則夫の孤独を理解することは自分の心の奥底にあるものを見つめるようで恐ろしい。

「裸の19歳」は、あの頃の自分の不安定さを思い出せてくれた。「若さ」とは自分の中に不安を抱えて生きることなのかもしれない。そこに「貧困」があったならなおさらだ。

私はある瞬間から鈍感になることで生き延びたが、もしあのまま、あの鋭敏さで生きていたら、こんなに長く生きていはしなかっただろう。

彼のことを考えると今でも胸が痛くなる・・・。
[PR]
by reem-akemi | 2005-11-21 22:37 | 日記