毎日思うこと、感じることを日々の時間(とき)の中で綴ります


by reem-akemi
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

日本のジャーナリズムは

2007年09月19日

SFから戻ってきたときはめっちゃ元気だったのだけど、次第に気持ちが地味になってきた。日本が秋に近づいてきたせいか…。

1週間かけてリバーベンドのブログを翻訳アップ。
いつものことだけど行動を訳すのは簡単だが、心情を訳すのは言葉を探すのに苦労する。特に私は翻訳を勉強していたわけでもなく自分の感性でやっているから、結果、自分の言葉でしか表現できない。
もしかしたらもっとフィットする言葉があるのではないかと繰り返し言葉を探すため、どんどん表現が変わっていく。

SFのジャパンソサエティでWさんの「Little Birds」が上映され、翌日のシンポに参加した。イラクにジャーナリストが入国しずらくベトナム戦争時と違い情報がうまく入らないというようなことを彼が言ったので、私は「イラク人自身の発信がブログ等でなされているし、イラク人自身からビデオも流れている。問題はそれを私たちが共有できていないことではないか?」と質問した。それに対して彼は「そのような情報は真実性が疑わしい」と答えた。

数年前、リバーのブログを刊行するときに某書店で言われた言葉と同じ。私は少々がっかりした。正直に書くと、彼に対して「傲慢さ」を感じた。命をかけて発信しているイラク人にどう答えるかが私の課題だけど、恐らく立っている場所が違うのだろう。

どうあがいても私たちには世界の一部しか見えはしない。象の足から、鼻から、耳からその大きさを想像できはしても象全体が見えないのと同じで、私たちは切り取った断片から全体を想像するしかない。

ジャーナリズムとは何だろう?書き手の思考というフィルターを透す限り客観性に限界があると思うのだが。とはいえ、イラクで命を落とすジャーナリストはたくさんいて(その多くがイラク人)、その活動には頭が下がるし尊敬に値する仕事だと思う。

私が言いたいのは事実の断片をかき集めても所詮真実に近づくだけに過ぎないのだから謙虚であってほしいということだ。世界全体の実像は時間が解決してくれる。見えなかったものも歴史が見せてくれる。ジャーナリズムは世界全体が見えるまでの一片の記録にしか過ぎない。

謙虚なジャーナリストが日本にいなくなってしまったのが残念だ。

(Mixiブログと内容が重なります)
[PR]
by reem-akemi | 2007-09-19 09:58 | 日記