毎日思うこと、感じることを日々の時間(とき)の中で綴ります


by reem-akemi
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

学校のイジメについて

2006年12月03日

学校でのいじめ問題について、いろいろな人がさまざまな意見を述べている。

報道される話はどれも痛ましい。イジメによる自殺が初めて報道されたのは大久保清輝君だったと思う。あれから何年たっただろう。子どもたちが次々と自殺をしていくのに何も出来ず月日が過ぎていった。

私が気になるのは犯罪と思われるものが「イジメ」として見過ごされることだ。先の大久保清輝君の場合もイジメではなく恐喝に等しい。他人を脅迫して金品を強奪するのはイジメとは言わない。その違いを教師はもちろん子どもたちも知っておくべきではないだろうか。犯罪には犯罪に対する対処の方法がある。

だが、犯罪が学校で多発するとしたなら暴力が許されている環境こそが問題ではないか。誰かを処罰してすむ話ではない。教師の能力の問題ではないと私は言いたい。

と言って、自民党オヤジ連中が好む「道徳」の欠如だとも思わない。「道徳」の授業は昔からずっと行なわれ続けている。あんなもの何の意味があるのか…。もちろん教育基本法が悪いのでもない。

とにかく、学校はいろいろなものを抱え込みすぎている。また、人間の子どもは「愛情」なしに育たないということを大人たちが忘れてしまっているのも問題だ。学校は人間を育てる工場ではないのだから評価など無縁ではないか。それなのに子どもから教師まできっちりとその能力が評価される。こんな息苦しいところがあるだろうか。


「学校」は疲弊して崩壊寸前だ。「学校」は知識を習得する場であり、工場ではなく人間を育てる場所だということを思いだしてほしい。人はそれぞれ成長のスピードが違うのだからべルトコンベアに子どもを乗せないでほしい。
[PR]
by reem-akemi | 2006-12-03 00:03 | 日記