毎日思うこと、感じることを日々の時間(とき)の中で綴ります


by reem-akemi
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

市民運動を駆逐するもの

この頃再びブログを書きだしたのは理由がある。
ふふ。なんということはない。仕事をやめたから006.gif

仕事をしている間はブログを書く余裕がなかった。ものを考える余裕がなかったというほうが正しいかもしれない。帰宅するのが9時近く、それからあっという間に寝る時間になり、一日が終わる。誰もがそんな生活をしているのだろうが、私は自分の脳みそがツルツルになるような恐怖を覚えた。短時間の判断を求められる仕事のせいだろうか、じっくりと考えることが次第に苦手になってきた。しかもその判断はあらかじめ決められたことを要求に求められて答えるに過ぎない。創造性は皆無の世界だ。

とはいえ、いつもの私の癖で、身近に起きるさまざまなことに疑問を抱いたり、考えたりしていたのも事実。そのひとつに市民運動における「ボランティア」の問題がある。

私は高校時代から何がしかの活動にかかわり、今日にいたっている。自分の活動は自分の生き方の結果であり、誰に求められたものでもない。だから代償など考えたこともなく、自分の時間を社会貢献のために使っているなんて思ったこともない。

ところがいまどきの「ボランティア」は、自分の貴重な時間を社会貢献のために使っていると考えているのではないかと想像する。私と彼女・彼らの違いはなんだろうと思った。
私の根っこには「社会変革」があり、「現代社会」を否定するところから始まるが、彼らの根っこに「社会変革」はあっても「現代社会」を否定するところにはいたってない(と想像している)。
その活動をすることが社会をよくすることと思いこんでいるのではないか。そう。あくまでも「良いこと」をしていると。

考えてみると「市民運動」という言葉こそが怪しいのではないか。。。今は「マルチチュード」というのだったかしら。。。いずれにしても活動を認めてもらいたいとか、ほめてもらいたいとか、何か違うのではないかと思う。

結局、「国家権力」を意識しているのかいないのか。そして、権力の壁を越える勇気があるのかないのか。そのあたりが大きなカギかもしれない。
私は「ボランティア」が市民運動を駆逐するのではないかと危惧している。自分の貴重な時間を社会貢献に生かそうと考えること自体、当事者意識がなさ過ぎるのではないだろうか。
私は私の生存のために活動しているのであって、誰のためでもない。主体はあくまでも私だ001.gif
[PR]
by reem-akemi | 2008-10-03 00:35 | 日記