毎日思うこと、感じることを日々の時間(とき)の中で綴ります


by reem-akemi
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

ヤスクニ

2006年08月15日

平和を願う「YASUKUNI NO」のキャンドル文字は明治公園の夜空に美しく映えました。どのくらいの人々が参加したのでしょう?上空にいるヘリコプターで撮影した映像は大きなスクリーンに送られ、私たちはその場で地上の人文字を見ることが出来ました。わぁ、なんてステキなアイデアでしょう(^^)v

「YASUKUNI NO」という言葉はたんに小泉首相がヤスクニへ行くことを批判しているのではない(と私は思っている)。ヤスクニという、戦争賛美の歴史観を持つ神社を否定することで軍事化を進める現政権の政策に反対し、私たちの立場を明確にすることで海外の戦争犠牲者と繋がることになると信じている。

私の前にいたおばあさんは80代くらいと見受けられた。キャンドルを持って長いこと立っていることはかなりの疲労だったかもしれない(途中で疲れたと連発していたから)。周囲の人が「帰ってもいいのですよ」と促したら、「生まれて初めてこんなことするのだから最後までやります」と答えて、本当に最後までキャンドルを握っていた。

この前の慰安婦関係の国際連帯デモにも、デモに初めて参加するという70代くらいの女性がいた。

こういう女性たちがいる一方、今朝のテレビ朝日には上坂冬子氏がヤスクニ弁護の話をとうとうと述べていた(あえて意見とは書かない)。メディアが両論併記で逃げるのはわかっているけれど、歴史認識ゼロのコメンテータを出演させないでほしい。見ていて不愉快だ。不愉快というのは、これが世間の理屈ですよとばかりに「ある種の庶民感情」をおしゃべり(そう。おしゃべり!!!)するから。

私は女だから、こういう愚かなことをとうとうという女には我慢が出来ない。したり顔でバカな話をする男たちはたくさんいて、私は特にテリー伊藤がダイキライ。彼についてはエセリベラリストだと思って横目で見ているが、上坂氏もたまにテレビに出てきたらもっとましなことを言ってほしい。

今朝は小泉首相のヤスクニ参拝で目が覚めた。小泉劇場の完結、締めくくり。この人の5年間の政治で私たちが得たものは日本の軍事化、弱者への抑圧、外交政策の行き詰まり。ろくなことはない。
[PR]
by reem-akemi | 2006-08-15 11:12 | 日記