毎日思うこと、感じることを日々の時間(とき)の中で綴ります


by reem-akemi
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

from Israel to Lebanon

2006年07月29日

レバノンの状況がいっこうに治まらない。パレスチナ・オリーブというパレスチナを支援しているNGOがあるのだが、そこではパレスナで取れたオリーブオイルと石鹸を売っている。
http://www5a.biglobe.ne.jp/~polive/
オイル、石鹸とも非常に品質が良く、私は大ファンだ。

先日、そのオリーブを提供している農家にミサイルが落ちたという。イスラエルと言ってもパレスチナもいるわけで、とても雑な気持ちになる。

いつでもどこでも、ミサイルの下にいるのは民衆。なんとも腹が立つ。

下記のサイトはレバノンの停戦を訴える署名。

http://www.fromisraeltolebanon.com/

このサイトの「from Israel to Lebanon」の名前だが、イスラエルからレバノンのプレゼントはミサイルという意味。イスラエルの少女達がミサイルに「with Love」と書き込む写真がなんともおぞましい。
プレゼントの結果はレバノンの子どもたちの「死」。

子どもたちに戦争の手伝いをさせないでほしい。
[PR]
by reem-akemi | 2006-07-29 02:45 | 政治・経済・国際情勢