毎日思うこと、感じることを日々の時間(とき)の中で綴ります


by reem-akemi
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

カテゴリ:パレスチナ( 5 )

昨日の続きです。

ゴールドストーン報告書の勧告について書きます。

1 まず、安保理に対しての要求。
 安保理は、イスラエル政府に国際基準を満たした独立調査団を設立し、その報告を3ヶ月以内に安保理に提出すること。安保理は調査の進捗状況をモニタリングする委員会を設置すること。イスラエルが調査を行なわなかった場合は、国際刑事裁判所(ICC)に付託すること。

2 国連総会に対して
 ゴールドストーン報告の指摘する国際法違反行為についての安保理の対応を国連総会に報告させること。必要あれば、正義のための追加措置を取る必要性を検討すること。

3 人権委員会に対して
 ゴールドストーン報告と勧告を承認すること。

やったぁ!!!!という感じではありませんか?
この措置がきちんと行なわれたら、おそらくパレスチナ問題の解決に道筋がつくかもしれません。

日本政府はこの報告書と勧告を無視したのです。

さて、外務省のサイトにこのようなものがあります(このサイト、最近知人に教えてもらいました)
http://www.mofa.go.jp/mofaj/annai/honsho/gaisho/t_meeting/tm_050305c.html

ここで横田洋三国連大学学長特別顧問なる人物が以下のような発言をしています。
「イスラエルとパレスチナは1947年からずっと紛争が続いているわけです。イスラエルは違法に占拠していると言われている地域に入植者が入って、その入植者たちを守るという名目で大きな分離壁を作って、その壁があるために、これまでパレスチナ人が自由に通れたところが通れなくなって生活上非常に不便を感じているという状況が今あります。」

この見識、呆れませんか?「パレスチナ人が自由に通れなくなって生活上不便を感じている状況」というのが彼の説明。笑っちゃいます033.gif
この人、国連人権委員会にもかかわっていて、国際法の権威(!)でもあるらしい。
パレスチナの状況をわかっての発言なら、まさに犯罪的!

横丁の隠居さんの四方山話ならイザ知らず、権威を嵩にしての発言は公式見解に発展する可能性が大。
外務省のパレスチナ問題の背景を見たような気がしました。

#ちなみに横田氏、ミャンマーの難民問題でもこんなことがありました。
http://www.nikkanberita.com/read.cgi?id=200712301803480
[PR]
by reem-akemi | 2010-02-10 07:38 | パレスチナ
今日はガザの院内集会に参加。
2008年12月から2009年1月にかけて行なわれたイスラエルによるガザへの攻撃は無抵抗な市民を狙ったジェノサイドにも等しい行為だ。報告によると「白リン弾」も使用されたという。
そのガザの攻撃に対し2009年1月12日、国連人権理事会は特別会議を開き、国際人権・人道法違反を調査する独立調査団の設立を決議した。もちろんこの決議は採択されたが、日本はこれを棄権013.gif

その後、この決議によって4月ゴールドストーン調査団が結成され、9月15日、以下のような報告書が公表された。
1 イスラエルによるガザ封鎖はジュネーブ条約に違反する。即時解除を求める。
2 イスラエル・ハマス双方に戦争犯罪が認められ、人道に対する罪に該当する可能性がある。
などなど。この報告にともなう勧告も行われた(勧告の内容は省略します)。また、この報告書と勧告についても再度特別委員会が開催され、承認する決議が採択されたが日本政府はまたもや棄権

今日の集会の目玉は、棄権をした日本政府・外務省の課長が出席したこと!!!なぜ棄権したのかを聞くことが出来る(^^)v
この課長の発言の前に、1月12日の決議を書きます。そうでないと「なぜ」がよくわからないでしょうから。

1 イスラエルによるガザ攻撃の非難。即時攻撃停止および撤退を要求。
2 イスラエルによるパレスチナの独立に向け、占領政策の停止を要求。
3 人道支援のために、イスラエルによるガザ地区封鎖の解除の要求。
4 国際人権・人道支援の尊重を、すべての当事者に要請。
5 すべての国際人権・人道法を調査する独立調査団の設立を決定。

さて、この要求はきわめて当然と思えませんか?ところが外務省・人権人道課(!)の課長はこれがフェアでないと言いました。つまり、この決議はイスラエルのみに一方的に要求しているものだというのです。
手製のロケット弾で対抗しているパレスチナと、ミサイルを飛ばし白燐弾を人々の上に落とすイスラエルと、現実的にみてどちらの力が強大でしょうか?イスラエルの攻撃をやめてくれということがなぜフェアではないというのでしょうか?被害の大きさの違いを書くと、ガザの死亡者数が約1400人(子どもが300人)。イスラエルが13人(ほとんどが軍人)。。。

いうなれば日本政府はアメリカの言いなりなのです。民主党政府になってもこのテイタラク033.gif
情けないとは思いませんか?!私たちはイスラエルの暴力・レイシズムを止めることが出来ないのでしょうか?私たちは彼らパレスチナの人々へ何も出来ないのでしょうか。。。

心の底から日本政府に要求します。日本政府が良心を持って国連決議を支持し、イスラエルによるガザ地区封鎖の解除を求めることを。
[PR]
by reem-akemi | 2010-02-09 22:54 | パレスチナ
表記のような緊急学習会を開くことになりました。もしこのブログを読んで参加してみようかなと思われる方がいらっしゃたら、ぜひご参加くださいませ。お待ちしています001.gif

以下、その要旨です。
************************************
緊急学習会
ガザ侵攻ーイスラエルはなぜガザを攻撃したのかー

・日時   2009年2月5日(木)午後6時半~8時半
・場所   たんぽぽ舎(JR水道橋5分 ダイナミックビル5F)
       03-3238-9035
http://www.tanpoposya.net/info/map.htm
・参加費  500円

昨年12月27日から始まったイスラエルの攻撃によりガザは瓦礫の町と化し、停戦が行なわれた今も封鎖は解かれず人々は『壁』に閉じ込められている。ガザの人々はなぜこれほどまでの苦難を強いられるのだろうか。映画「レインボー」(2004年のガザ・ラファの攻撃を記録したドキュメンタリー映画。イスラエルはこの攻撃作戦を「レインボー作戦」と名づけた)を上映した後、パレスチナ問題に詳しい早尾貴紀(はやお・たかのり)さんに今回のガザ侵攻の背景を講演していただきます。

第1部 「レインボー/Rainbow」(パレスチナ/41分/2004年)
     監督 アブドゥッサラーム・シャハダ
    占領下で破壊され、奪われ続けるパレスチナの人々の生活と生命。
    その痛み悲しみを、レンズに焼き付けるかのように、カメラは回る。
    アース・ビジョン第14回地球環境映像祭アース・ビジョン大賞

第2部 早尾貴紀さんのお話
    1973年生まれ。社会思想史研究。東京大学COE「共生のための国際哲学
    教育研究センター」研究員、東京経済大学非常勤講師、イスラエル・ハイファ
    大学ユダヤーアラブ・センター客員研究員、共訳 E.W.サイード『戦争と
    プロパガンダ』(みすず書房、2002年)、『ユダヤとイスラエルのあいだ」
    (青土社、2008年)その他多数の著書あり。

・主催 市民の意見30の会・東京
・作品提供・協力 アース・ビジョン組織委員会事務局
・問い合わせ先 anneh@jca.apc.org
[PR]
by reem-akemi | 2009-02-01 22:00 | パレスチナ

パレスチナ緊急医療支援

パレスチナのハマス政権が危機に陥っている。
ハマスが倒れればイスラエル、アメリカが喜ぶ姿が目に浮かぶ。

なによりもこういう報復の仕方そのものが卑怯としか思えない。弱いところをたたくその方法に怒りを感じる。

で、パレスチナへの医療支援のお知らせです。


■□ パレスチナ緊急支援のお願い □■
┗━━━━━━━━━━━━━━┛

国際社会の援助停止とイスラエルの代理徴収税凍結により、パレスチナ政府が財政危機に陥り、その結果パレスチナの病院は医薬品や医用品の不足に見舞われ、医療危機が進行しています。
日本パレスチナ医療協会は、現地のNGOを通じてパレスチナ緊急支援を行います。
イスラエルの平和団体「グシュ・シャローム」や「人権のための医師団=イスラエル」等が協力し、パレスチナ人への緊急援助として、医療品を送るコンボイを出します。コンボイは6月10日に出ます。まずは、そのプロジェクトに対する資金援助からはじめます。
みな様方のあたたかいご支援をお願い申し上げます。

ご支援は下記の「JPMA パレスチナ緊急支援」口座にお願いします。

●郵便振替口座(手数料、JPMA負担)
 口座番号 00150-4-759345
 口座名  JPMAパレスチナ緊急支援

●三菱東京UFJ銀行 新宿中央支店(店番号 469)
 普通預金
 口座番号:5766255
 口座名:JPMAパレスチナ緊急支援


**************************************** 
日本パレスチナ医療協会
Japan Palestine Medical Association (JPMA)
E-mail : jpma@mx6.ttcn.ne.jp
Home Page : http://www1.ttcn.ne.jp/~jpma
Tel/Fax: 03-3996-7733 PHS: 070-5072-7278
住所:〒177-0045
   東京都練馬区石神井台3-5-26
****************************************
[PR]
by reem-akemi | 2006-06-09 11:24 | パレスチナ

ガーダ パレスチナの詩

「ガーダ パレスチナの詩」を観る。
http://www.ghada.jp/

小さな映画館に(平日ということもあるが)10人に満たない観客しかいない。こんなもったいない話があるだろうか…。それほど、この映画は素晴らしかった!!
自分が女性であることに胸をはれる。女性ってすてきなだなとつくづく思う。女はたくましい。それがとてもうれしかった。
(もっともイスラエルのメイヤ元首相も女性だったが、ああいう嫌な女は横に置いて)

「自由がほしい、自由がほしい」と歌いながら料理をしつつ、「自由でなく塩がほしい」とすかさず塩を渡す女性たち。そのユーモアに思わず笑った。悲しいことも嬉しいことも歌にするのは、どこの世界も同じ。故郷を追われた悲しみを歌にするとき、思わずこちらも涙が出てくる。

占領は、やはり理不尽だ!イスラエルが行なっていることは決して許されない。ある日突然ブルドーザーが畑を壊し、人々を追い立てる。理由もなく人々を射殺する。
すべてイラクと重なるやり方だ。こんな理不尽なことが許されていいのか?!
ガーダはパレスチナの文化を残そうと、女性の言葉を残そうと活動を始める。「誰もが闘っている」という言葉で映画は終わる。
私も頑張らねば!

今朝、NHKの高校生向けの番組なのだろうか、イスラエルの小学校の特集をしていた。「ひとつの国とふたつの宗教」という題名だっただろうか。気になったのは解説者および製作者のスタンスだ。
まず解説者が昔エルサレムにユダヤの王国があったが、ローマにより人々は難民となって祖国を失ったとはじめに解説(それって聖書の中の話でしょうに)。戦後、ユダヤ人の長年の希望であったイスラエルの国を建設(パレスチナを追い出したとは一言も言わずじまい)。現在、アラブ武装勢力とイスラエル軍との戦いが行なわれいる(アラブ武装勢力=テロリストといわんばかりの言い方)。
ついに最後までパレスチナという言葉を聞くことはなかった!!!
どうやら解説を聞いていると、イスラエルという国の中にユダヤ人とアラブ人がいて、互いの宗教の違いで戦いがあるとしている。?????
それって違うでしょ?思わず私はテレビにヤジを飛ばした。こういう間違いを教えちゃいけないよ。

イスラエルがパレスチナの人々に何をしているか?この映像を見れば一目瞭然。彼らが求めているのは肥沃な土地、水。そこからの富を全部自分たちイスラエルのものにしようとしている。決して「宗教」の問題ではない。
http://www.thetruthseeker.co.uk/link.asp?ID=4603&URL=http://www.thewallofhate.org/film/thewall.wmv
[PR]
by reem-akemi | 2006-06-06 00:58 | パレスチナ