毎日思うこと、感じることを日々の時間(とき)の中で綴ります


by reem-akemi
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

<   2008年 01月 ( 1 )   > この月の画像一覧

2008年01月22日

リバーがシリアに移って数ヶ月。どうしているのかと気になって仕方がない。そんなときBBCでイラク女性のインタビューが掲載されていたのでアップします。
恐らくこの状況はリバーと重なるのではないかと想像します。
http://news.bbc.co.uk/2/hi/talking_point/7187258.stm

*************************************************************
イラク避難民:「私たちは戻れない」

イラクの暴力が過去数ヶ月減少してイラクへ帰国するものが出てきた。しかし、暴力から逃れた何十万人ものイラク人の多くが、戻りたがっていない。現在ダマスカスに住むイラク女性、ヌールさんは家族がイラクを離れた理由、シリアでの生活などを話してくれた。

ヌール、ダマスカス;スンニ派であるヌールさんと家族は、18カ月前にシリアに到着し、ダマスカスに定住した。

「私たちはマハディ軍に脅されたのでバグダッドを出ました。私たちは、衣服、家具など、20年間以上住み続けて蓄積したあらゆるものをすべて捨てて家を出なければなりませんでした。

いろいろなことがここしばらくさらに悪くなっていきました。ある出来事が特に私の心に突き刺さります。

我が家から3軒隣の家族は自分たちの家から強制的に追い出されました。

彼らの姿が見えなくなった数日後のある朝、私の娘は通りを歩いていて、その家族の頭が1列に家の壁の上に並んでいるのを見ました。彼女はショックを受け、何週間も家を出ることができませんでした。外出に出かけて戻ってきた人を見たことがありません。それで、私たちは身の安全のためにイラクを離れました。

それは悲しい出発でした。将来に対する計画も資産もなく、祖国を離れ未知の世界に向かうのです。どのように感じたかを言葉に表わすことは出来ません。

ここ、シリアで、私たちはアパートの3階で生活しています。とても寒いのですが、燃料の価格が高くて買えません。私たちは生活に必要なもの、たとえば毛布、調理用および暖房用の燃料などに困っています。

燃料を買うことさえ出来ない場所へ石油の豊富な国から逃げてきたなんて、最大の皮肉です。

私はこの状況が恐いです。このストレスに対応できません--ここシリアには仕事が全くないですから。

現在私は55歳ですが、生きることは闘いです。私たちは食べるために長い時間仕事を探し続けました。サバイバル。それ以上でもそれ以下でもありません。

生存の手段として不道徳な選択だけは取らないつもりです。はっきりとは言えませんが、私たちはきちんと生きるよう心がけています。

それは、悲しみと飢餓をともなう生存競争を闘い、私たちがどのように生きていくかということです。国際社会は私たちへの支援に失敗しました。私たちは食物とかお金の形でまだ適切な支援を受けていません。

居住
シリアにいるイラク人の居住規則が最近変わりました。学齢児童がいたなら(私たちがそうですが)住むことは可能です。しかし、簡単ではありません。子供のいないものは去らなければなりません。

イラク政府は、多くの人々が治安がよくなったために家に戻ったと主張しています。しかし、それは本当ではありません。彼らは、シリアに住むことが出来なくなり、やむを得ず戻ったのです。

私たちの家と家具を取り戻すことができたら、私たちは戻るつもりです。私たちの地域はまだ民兵と米占領軍によってコントロールされているのですぐ戻ることは考えられません。

お腹をすかせたまま眠る子どもたちを見ていたり、適切な治療も受けられないとき、死ぬほどつらいです。

私たちは、彼らが知っている世界から抜け出て、まったく新しい社会で生きてほしいと望みました。

私の息子アリは18歳で、ちょうど高校を卒業したばかりです。しかし、彼はここでは大学に通うことができません。

他の子どもたちもまだ学校に通っています。現在、彼はいつもひとりぼっちです。彼はいじめられるので同じような年齢の子どもと遊ぶことを恐れています。

子どもたちは彼に言います:「臆病者。お前は自分の国から逃げてきたんだ」

シリアの貧困
私は、シリアが多くのイラク人を抱えることが難しいのを理解しています。

自分たちの仕事と食べ物を盗みにきたライバルだと私たちをみなしている者たちもいます。

シリアは貧しい国です。そしてイラク人が入るようになってから物価は途方もなく上がりました。現在、200万以上のイラク人がここシリアにいるので、一般のシリア人にとって生活は厳しいものとなりました。

一方、経営者は低賃金の労働者を得て満足です。イラク人は生きるために、どんな仕事でもどんな賃金でも甘んじて受けます。

教育を受けたシリア人(イラク人がいることを意識している人々)が取引をするのは簡単です」

翻訳 細井明美
[PR]
by reem-akemi | 2008-01-22 01:12 | iraq