毎日思うこと、感じることを日々の時間(とき)の中で綴ります


by reem-akemi
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

<   2008年 05月 ( 2 )   > この月の画像一覧

「相棒」を観る

2008年05月25日

映画「相棒」を観る。日本映画久々の大ヒットとか。私が行ったのは渋谷の映画館だったけど、400人収容のまぁまぁ大きな映画館が最後には満席となっていることに、まず驚く。

映画のストーリーはあえて書かないが、観終って、私はかなりショックを受けた。すっかり忘れていた当時の衝撃がよみがえってきたからだ。

あれから4年。陸上自衛隊はサマワでの任務を撤収し、今は空自のみが残っている。当時の陸自のサマワでの活動はどうだったのか?日本のメディアがどんちゃん騒ぎをして報道した浄水活動だが塩分が強すぎて飲み水に適さなかったという話も聞く。実際のところサマワの人々の役に立ったのは外務省がフランスのNGOを使って行った給水車を使っての活動だった。当時の国会報告によると自衛隊の給水活動のうちわけは自家使用(自分たちで使ったもの)が46%、ムサンナ州水道局へ49%、残りはオランダ軍へ送っている。

『人道復興支援』との名目で行ったイラク派遣だが、私には陸自の活動は空自の活動を隠すためのカモフラージュに思える。日本政府はアメリカからの要請で兵站活動をしなければならない立場に追い込まれるが、憲法9条を持っているがために、政府は『人道復興支援』という国民の支持を得られやすい方策を使ったのではないかと考える。いったん法律と前例が出来てしまえばあとはそれを維持するだけ。無茶苦茶な理屈もそれを追求しないメディアによって通ってしまう。なんと奇妙な話だろう。今も空上自衛隊はC-130に米兵を乗せて彼らをイラクに送っている。そこは毎日米兵が死ぬ「地獄」だというのに。

それにしてもあの映画がヒットしている理由はなんだろう?200万人の人が見たというけれど皆何を感じたのだろう…。
[PR]
by reem-akemi | 2008-05-25 21:21 | 日記
2008年05月12日

先月も同じことを書きましたが、久しぶりのブログです。この頃、一ヶ月に一度の更新になりつつあり、反省しています(^^;)。

書くべきことはこれまでもいくつかありました。例えば光市事件の判決のこと、後期高齢者医療制度のこと、日本の死刑制度についての国連人権委員会の勧告など。

でも、あえて本の宣伝をさせていただきます。この4月18日にブックレットで出していたカーシムの本が大月書店からブックレットに載せていなかった部分も含めて刊行されました。

http://www.amazon.co.jp/s/ref=nb_ss_b?__mk_ja_JP=%83J%83%5E%83J%83i&url=search-alias%3Dstripbooks&field-keywords=%83n%83%8D%81%5B%81A%96l%82%CD%90%B6%82%AB%82%C4%82%E9%82%E6&Go.x=10&Go.y=11
これを読めば貴方も今日からイラク通!!!なんて。
2005年から2007年までのアンバール州を中心としたイラクの状況がわかります。

翻訳は私と高遠菜穂子さんです。そしてこの本の印税はすべてイラクの人々のために使われる予定です。戦争は多くの人の心に傷を残します。その傷から回復できない人々がたくさんいます。道路が復旧し、建物が建設されても人々の心を癒す施設まで復興するにはかなりの時間が必要です。でも、それはとても大事なこと。

夫を亡くしたり子どもを亡くしたりしている多くの女性たち、私はそんな女性たちの力になりたいと願っています。

さて、カーシムのことですが、彼はとても素敵な青年です。写真で見るようにかなりのイケメン(^^)v。おかげで女性ファンがたくさん出来たようです。この本を読んでいただけばわかりますが、彼は戦争中イラク国防隊の兵士として戦っていました。その時背中に受けた弾丸がそのまま彼の体に残っています。戦後も仲の良かった兄が米軍に殺されるという事件に出会ったり、彼自身米軍に拘留されたりしました。
彼のすばらしい点は、そんな環境にあっても、非暴力を選んで生きていることです。

そして、5月1日に9条世界会議に出席するために来日しました。イラク帰還兵との対談をするのが目的でした。さて、そんなカーシムが5月16日のNEWS23に出演します。イラク帰還兵のエイダンさんも出演します。

イラクの情報がなくなってきた今でもイラクでは戦争が続いています。世界で不幸なことが毎日毎日起きていますが、イラクのことを忘れないでください。
皆様、お時間の都合があいましら、どうか見てください。
[PR]
by reem-akemi | 2008-05-12 23:19 | イラク・ラマディから