毎日思うこと、感じることを日々の時間(とき)の中で綴ります


by reem-akemi
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

<   2009年 11月 ( 2 )   > この月の画像一覧

inspect the War on Iraq

イラク戦争を検証している英国のTHE IRAQ INQUIRYのサイトhttp://www.iraqinquiry.org.uk/を見ると、国家が将来において間違った道を歩まないためにこの検証を行なうとある。検証を申し出たのはイラクで亡くなった兵士の遺族。検証委員会は遺族たちのヒアリングを中心に行なっている。その結果、一人につき5発の弾しか与えられていなかったという批判、あるいは占領政策が何もない状態で戦争に突入したことに対する批判、その結果多くのイギリス兵士が命を落としたという批判がなされている。

つまりそこで問われているのは、ブレア政権が英国国民にどれだけの損害を与えたか?どれだけ無謀な戦争に突入していったか?残念だけど、イラク人に対しての謝罪ではなく、自分の国にどれだけの損害を与えたかが問われている。そして、そこで始めて大量破壊兵器もないのにイラクを攻撃したのは間違っていたという結論に達するわけだ。なんとジコチューな!

戦争を検証するというから期待したんだけど、そうだよなぁって思った。長い間、発展途上国に対して植民地政策を行なってきた国だもの、被害国のことを考えるなんてあり得ないよね。
国家は自国の国民に対して責任があるのであって戦争相手国の国民にはなんら責任がないということ。でも、これまでの歴史はそれで通用したかもしれないけど、地球全体が大きな関わりで動いている現在の状態を考えたらそれではすまないでしょ。な~んて私は思ってしまう。

では、日本政府は今回のイラク戦争で日本国民に対して損害を与えたか?自衛隊基地に迫撃砲の攻撃が何回かあったけど、それに対して彼らは一歩も基地から出ることなくひたすら耐えた。それはもちろん交戦権を否定した9条があるからだ。機会あらば戦争をしたかったというバカな人間もいたけど、でも日本政府は今回のイラク戦争で米英と違って武力行使をしていない。その意味では英国のような思考で検証は出来ない。

が、武力の行使はしてないけれど、兵站活動で米英の戦争を支えたことは確かだ。兵站なくして戦争は出来ない。「兵站活動」は立派な戦争協力だ。だから、国民に損害は与えてないが戦争放棄をした日本国憲法に背いているといえる。

どうしたら検証が出来るのかとぐちゃぐちゃ書いてきたけど、結局倫理の根拠は日本国憲法になってしまう。おそらく日本国憲法が高邁な理想のもとに出来ているからだろう。こうなってみると、この世界にあって、日本国憲法のもとに政治を行なっていくのが平和に生きるための一番現実的な手段なのかもしれない。
[PR]
by reem-akemi | 2009-11-28 12:43 | 政治・経済・国際情勢

イラク戦争を検証する

イラク戦争を検証しようという動きが出てきた。本当はもっと前から出てきてもいい課題なのだが、自民党政権下ではあらゆる情報が隠蔽されていて、戦争支持にいたった経緯を知ることはほとんど不可能だった。

政権交代があっての検証作業だが、問題もある。つまりそれが来年度の参議院選挙に利用されないかという疑念だ。民主党の自民党つぶしの目玉にされたらたまらない。
また、イラク戦争の検証をふまえてのアフガン戦争への対処となると、民主党政権がどこまで情報を開示してくれるのか、それも今のところ不明。つまり、彼ら(民主党議員たち)がどこまで本気なのかわからないということだ。

それでもあらためて、イラク戦争の流れをみると当時わからなかったことがたくさん見えてくる。日本に関していえば小泉政権がなだれをうったように戦争に加担していくさまもよくわかる。

日本がイラク戦争支持の根拠としている安保理決議1441(イラクに国連査察をせまるもの)は2002年11月に安保理の全会一致で採択された。イラクはこれに対し非常に協力的で平和的な武装解除もありと見えた。
2003年1月9日、査察団が「イラクに大量破壊兵器が存在するという決定的証拠がない」という中間報告を出した。すると2月5日、パウエル国務長官がイラクに生物兵器が存在するという情報を開示した(実はこの情報はイラク人亡命政治家チャラビ関係者が出したもので、後日、嘘と判明する)。この時点ですでに米国は6万人の兵士をクゥエートに派遣している。イラク攻撃の準備は着々と進んでいた。
2月14日、査察団は安保理に追加報告を出し、捜査の継続を要望したが、その翌日2月15日、米軍兵士は16万人に達していた。
3月7日、米英スペインがイラクの武装解除を求める決議案を安保理に提出する。ここで確認したいことはこの時点でもなお安保理はイラク攻撃を採択していないことだ。だからこのあとの米国の攻撃は正当性を欠くものだと云われても仕方がない。

2003年3月20日アメリカとイギリスはイラク戦争を開始する。同日、小泉首相は安保理決議1441をもとに米国の武力行使支持を表明した。そして、自衛隊派遣の前に政府は7月3日、PKO協力法に基づきC130輸送機2機をイラク周辺国に派遣することを決定している。
ここからわが国の戦争協力が始まる。。。
[PR]
by reem-akemi | 2009-11-18 08:46 | iraq