毎日思うこと、感じることを日々の時間(とき)の中で綴ります


by reem-akemi
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

<   2010年 09月 ( 3 )   > この月の画像一覧

8月31日で撤退したと発表した米軍だが、まだイラク国内でイラク治安部隊と一緒に軍事活動をしている。

http://www.alsumarianews.com/ar/2/11264/news-details-.html

الجيش الأميركي يعلن عن مقتل وجرح تسعة اشخاص بينهم عدد من المسلحين باشتباك في الفلوجة

「米軍はファルージャの衝突で9人の死亡&負傷者をがあったことを発表する」

発表したのはイラク駐留米軍のR・フェルブス陸軍少将。それによると9月15日未明、ファルージャの南西4キロの山間地帯に住むヤシン・カサールの家の前にバグダッドから飛んだ米軍とイラク治安部隊が降下。イラク治安部隊が彼の家を取り囲み、手榴弾と銃器で集中砲火をあびせた。

それにより、ヤシンと彼の家族(女性と子どもを含む)6人が死亡。3人が重傷。その後、米軍とイラク治安部隊はヤシンの弟を逮捕し、バグダッドに連行。

米軍はこの軍事行動を例のように、「アルカーイダと思われる武装勢力を掃討」と発表しているが、殺されたのは旧イラク軍将校(おそらくバース党)とその家族。かつてはイラク軍将校でも現在はフツウの市民。。。まったく、アルカーイダと言えばなんでも通ると思っているのかしら033.gif

イラク政府は2005年頃から、旧政権で力のあった者たちを武装勢力として米軍と一緒に掃討してきたが、まだやっているみたいだ。宗派戦争に名を借りた権力闘争。。。米軍にとってもイランからの亡命者たちにとっても都合がいいもの。この暴力をなくす方法があるとしたら、現イラク政府を倒すこと。
非暴力で倒す方法ってないかしら????

それにしても米軍も本当にバカだよね。情報が怪しいと思わないかしら。。。要は、米軍がアラビア語を理解してないからウソの情報に騙されるのよね。アメリカ人は世界中で英語が通じるから、相手の言葉を理解しようって気がない。それって政治的にまずいんじゃないかな。。。
[PR]
by reem-akemi | 2010-09-16 08:32 | iraq

オバマさんへ

Dear President Obama,

I was pleased to see your announcement last night that the combat
mission in Iraq is over. Although this is an important step, the war
will only end when the last U.S. soldier leaves the country, which is
scheduled to happen by Dec. 31, 2011.

I trust you will keep that pledge. But bringing peace to Iraq will
require more. It requires a relationship defined by dignity and justice
between our peoples.

We have a responsibility to care for our veterans wounded emotionally
and physically by the war. And we have a great responsibility to help
the people of Iraq to help themselves to heal, to rebuild, to return
home, and to forge their own future.
Sincerely,
[PR]
by reem-akemi | 2010-09-02 10:44 | iraq
オバマ大統領がイラクでの戦闘任務の終結を宣言した。残る5万の兵士はイラク治安部隊の訓練をするとか。日本のメディアが報じている「治安部隊」とは何をさすのだろうといつも思う。

イラクの軍隊はその所属によって2つに分けられる。
1 国防省ー純粋に軍隊といわれるのはこれ。イラク国軍のことで2003年にブレマーによって解散させられたけど、同じ年に再度新生イラク軍として編成される。イラク陸軍、イラク空軍とイラク海軍(あるのを最近まで知らなかった!)があり、空軍は輸送機しか保持していないので、イラクの制空権は米軍にあると思われる。
2 内務省ー治安部隊はここの所属。市民生活に深く関与している。2003年以降、内務省はシーア派が権力を持ち、治安部隊は「秘密警察」の面も持っている。内務省は治安部隊のほか、イラク警察も管轄においている。2005年から続いた宗派闘争といわれる暴力は内務省の治安部隊がからんでいるのではないかと推測している。その頃、警察に連行されたものとか治安部隊に連行されたものは、行方不明になったままだから。。。

このあたりの言葉が整理されていないことがイラク問題をわかりにくくしているのかもしれない。。。

イラク軍に関して、もうひとつ。2011年の米軍完全撤退後も米国は武器・戦闘機等をサポートすることをイラク政府に約束している(日本の自衛隊も米国の高価で二流の戦闘機等を買わされているのは誰でも知っていること。最新鋭のステルスは売ってくれないらしいから)。イラク空軍は2020年までに戦闘機を配備するそうだ。しかも訓練はそのまま継続となっている。これを買う資金はもちろんオイルマネー。イラクの復興のために使われるべき石油収入を米国は軍事産業で吸い上げていくつもり!なんと恥知らずな!!!
また、国連によると民間軍事会社の傭兵が数万人規模で残っているという。NATOは将来起こるかもしれないアラブとクルドの闘いを抑えるためにも傭兵の存在は必要だと考えている。
http://english.aljazeera.net/indepth/opinion/2010/08/201083118948615980.html
いつでも「戦争」が出来る状態にしておくってことかしら???

それにしても、戦闘任務終結宣言ってナンだろう?勝手に侵略してきて、国をボロボロに壊し、10万人の人々を殺し、そして暴力を人々の生活に残したまま、去っていく。まるでギャングだ033.gif
[PR]
by reem-akemi | 2010-09-02 10:22 | iraq