毎日思うこと、感じることを日々の時間(とき)の中で綴ります


by reem-akemi
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
長らくブログを書いていなかった。この頃はTwitterばかり。。。短い文章だけでは文章力が落ちるだろうな。あは、文章力だけでなく入力も落ちているみたい。さっきから間違えてばかり007.gif

冬になったこともあってデザインも変更。

さて、今はイラク検証ブックレットの原稿書き。イラク女性がどのような状況にいるのかを書くことに。A先生(私のアラビア語の先生、バグダッド育ち)にとりあえず原稿チェックを頼む。

先生によると、日本に出産休暇がない時代からイラクでは女性たちが出産休暇を取っていたとか。社会の隅々まで女性たちが働いていて、なんと空軍の女性教官(パイロット)もいたとか005.gif。自衛隊にもまだ女性教官はいないわよね。女性が軍隊に入ることを望ましいとは思わないけど、日本の発想では看護関係が多いんじゃないかな。

男性と対等であることの象徴として「軍隊」があるのは確か。ただ私は女性が男性になることをフェミニズムとは思わない。話がとんでしまった021.gif

とにかく、イラク戦争の前は女性たちが活躍していたということ。でも今は女性たちの権利も尊厳も失われ、外に出ることも出来ない。急進的なイスラームの集団が民兵となって人々を監視しているためヒジャブ(スカーフ)をしないと危険な目にあう。どういうことかというと、ヒジャブをしていないことを理由に乱暴を働かれたり、拘束されたり。。。キリスト教徒の女性までもがヒジャブをしている。そんなことイラクの歴史上なかったらしい。

「快楽結婚」という男性に都合の良い結婚も宗教上認められた。シスター二がファトワを出したのだ。「快楽結婚」は期間限定の結婚。たとえば1週間とか1ヶ月とかの契約で結婚する。それって何?と思う。イラン人がナジャフに巡礼に来て、現地妻として女性を娶ることも可能というわけ。結果、15歳以下の少女の結婚が増えたとか033.gif

また外部から侵入してきたアルカイダたちがイラク国内で妻をめとり子どもをもうけるが、自爆テロで亡くなったり、国外に逃亡したりして、国籍のない子どもたちも増えているそうだ。

いずれにしろ可哀想なのは女性。。。007.gif
[PR]
# by reem-akemi | 2010-12-29 14:30 | 日記
واشنطن بوست :نواب البرلمان العراقي الجدد اجتمعوا 18 دقيقة فقط واستلموا 30 الف دولار
「ワシントンポスト:イラク新議会はわずか18分の召集で、3万ドルを受け取る」

http://www.nakhelnews.com/pages/news.php?nid=2494

イラクはアラウィが先の選挙に勝利してからもマリキが政権を手放さないために、新政権が樹立されないまますでに208日が経過。これは1977年にオランダが打ち立てたギネスを越えるもので(オランダは207日)、イラクの治安の不安定さの要因になっている。
そんなおり、208日目の金曜日。新議会が召集されたが18分で終了。ワシントンポストによればその日に全議員に報酬3か月分が与えられ、その額は3万ドルにおよぶという。

18分の議会で3万ドルの報酬はないでしょ033.gif。いまだにイラク本国に帰還できない難民がたくさんいて、生活が困難の人々、学習困難な子どもたち、生活に困っている寡婦、さまざまな問題がありながらこのテイタラク!!!どこの政治家も良くないけど、特にイラクは腐っている047.gif

#上記の投稿をしてから、はっと気がついた。ワシントンポストがこういう記事を書く根拠を。アメリカはイラク人が政治を上手につかさどることが出来ないと揶揄しているのだ。イラク人はこんなにアホだと。だが、そもそもイラクの知的階級を殺戮したのはアメリカではないか022.gif。大学教授、医師、芸術家などなど国をリードしていく人間たちを暗殺し、脅迫して他国に追いやり、イラクを内部から崩壊したのは誰?あぁ腹が立つ!イラク人たちよ、しっかりしてほしい。。。アメリカに負けないで!
[PR]
# by reem-akemi | 2010-10-03 10:02 | iraq
8月31日で撤退したと発表した米軍だが、まだイラク国内でイラク治安部隊と一緒に軍事活動をしている。

http://www.alsumarianews.com/ar/2/11264/news-details-.html

الجيش الأميركي يعلن عن مقتل وجرح تسعة اشخاص بينهم عدد من المسلحين باشتباك في الفلوجة

「米軍はファルージャの衝突で9人の死亡&負傷者をがあったことを発表する」

発表したのはイラク駐留米軍のR・フェルブス陸軍少将。それによると9月15日未明、ファルージャの南西4キロの山間地帯に住むヤシン・カサールの家の前にバグダッドから飛んだ米軍とイラク治安部隊が降下。イラク治安部隊が彼の家を取り囲み、手榴弾と銃器で集中砲火をあびせた。

それにより、ヤシンと彼の家族(女性と子どもを含む)6人が死亡。3人が重傷。その後、米軍とイラク治安部隊はヤシンの弟を逮捕し、バグダッドに連行。

米軍はこの軍事行動を例のように、「アルカーイダと思われる武装勢力を掃討」と発表しているが、殺されたのは旧イラク軍将校(おそらくバース党)とその家族。かつてはイラク軍将校でも現在はフツウの市民。。。まったく、アルカーイダと言えばなんでも通ると思っているのかしら033.gif

イラク政府は2005年頃から、旧政権で力のあった者たちを武装勢力として米軍と一緒に掃討してきたが、まだやっているみたいだ。宗派戦争に名を借りた権力闘争。。。米軍にとってもイランからの亡命者たちにとっても都合がいいもの。この暴力をなくす方法があるとしたら、現イラク政府を倒すこと。
非暴力で倒す方法ってないかしら????

それにしても米軍も本当にバカだよね。情報が怪しいと思わないかしら。。。要は、米軍がアラビア語を理解してないからウソの情報に騙されるのよね。アメリカ人は世界中で英語が通じるから、相手の言葉を理解しようって気がない。それって政治的にまずいんじゃないかな。。。
[PR]
# by reem-akemi | 2010-09-16 08:32 | iraq

オバマさんへ

Dear President Obama,

I was pleased to see your announcement last night that the combat
mission in Iraq is over. Although this is an important step, the war
will only end when the last U.S. soldier leaves the country, which is
scheduled to happen by Dec. 31, 2011.

I trust you will keep that pledge. But bringing peace to Iraq will
require more. It requires a relationship defined by dignity and justice
between our peoples.

We have a responsibility to care for our veterans wounded emotionally
and physically by the war. And we have a great responsibility to help
the people of Iraq to help themselves to heal, to rebuild, to return
home, and to forge their own future.
Sincerely,
[PR]
# by reem-akemi | 2010-09-02 10:44 | iraq
オバマ大統領がイラクでの戦闘任務の終結を宣言した。残る5万の兵士はイラク治安部隊の訓練をするとか。日本のメディアが報じている「治安部隊」とは何をさすのだろうといつも思う。

イラクの軍隊はその所属によって2つに分けられる。
1 国防省ー純粋に軍隊といわれるのはこれ。イラク国軍のことで2003年にブレマーによって解散させられたけど、同じ年に再度新生イラク軍として編成される。イラク陸軍、イラク空軍とイラク海軍(あるのを最近まで知らなかった!)があり、空軍は輸送機しか保持していないので、イラクの制空権は米軍にあると思われる。
2 内務省ー治安部隊はここの所属。市民生活に深く関与している。2003年以降、内務省はシーア派が権力を持ち、治安部隊は「秘密警察」の面も持っている。内務省は治安部隊のほか、イラク警察も管轄においている。2005年から続いた宗派闘争といわれる暴力は内務省の治安部隊がからんでいるのではないかと推測している。その頃、警察に連行されたものとか治安部隊に連行されたものは、行方不明になったままだから。。。

このあたりの言葉が整理されていないことがイラク問題をわかりにくくしているのかもしれない。。。

イラク軍に関して、もうひとつ。2011年の米軍完全撤退後も米国は武器・戦闘機等をサポートすることをイラク政府に約束している(日本の自衛隊も米国の高価で二流の戦闘機等を買わされているのは誰でも知っていること。最新鋭のステルスは売ってくれないらしいから)。イラク空軍は2020年までに戦闘機を配備するそうだ。しかも訓練はそのまま継続となっている。これを買う資金はもちろんオイルマネー。イラクの復興のために使われるべき石油収入を米国は軍事産業で吸い上げていくつもり!なんと恥知らずな!!!
また、国連によると民間軍事会社の傭兵が数万人規模で残っているという。NATOは将来起こるかもしれないアラブとクルドの闘いを抑えるためにも傭兵の存在は必要だと考えている。
http://english.aljazeera.net/indepth/opinion/2010/08/201083118948615980.html
いつでも「戦争」が出来る状態にしておくってことかしら???

それにしても、戦闘任務終結宣言ってナンだろう?勝手に侵略してきて、国をボロボロに壊し、10万人の人々を殺し、そして暴力を人々の生活に残したまま、去っていく。まるでギャングだ033.gif
[PR]
# by reem-akemi | 2010-09-02 10:22 | iraq