人気ブログランキング |

毎日思うこと、感じることを日々の時間(とき)の中で綴ります


by reem-akemi
カレンダー

2005年 10月 31日 ( 1 )

2005年10月31日

イラクの知人が刑務所に入っていた女性のためのセンターをつくるという。イスラムではレイプを受けた女性は家族から「名誉殺人」の名のもとに殺されていくことが多いので、この提案にはまったく賛成だった。

そのような女性がどのくらいいるのかを聞いたら、アブグレイブだけでも350人いるという。しかも、まだ多くの女性が刑務所内にいるという。

では、どのような理由で彼女たちは刑務所に入るのだろうか?それはほとんどがささいな理由だ。家宅捜索のときについでに連れて行かれるもの、警察に口答えして連れていかれるもの、近所の告げ口で連れて行かれるものなどなど。まったく普通の女性が連行されている。

彼女たちのトラウマは激しく、しかも家族の無理解で戻ってきても帰る場所もない。そんな女性たちのための家をつくるというのだ。

バグダッド、モスル、ラマディにそれぞれ作るという。さて、そのセンターのもっとも大きな仕事が何かというと、家族への「教育」だ。宗教学者を動員するという。
これには、いかにもイスラムだと思わされた。

私にアドバイスをしてくれと云われ、はたと困った。日本では、戦争による性暴力を解決するプロジェクトがない・・・。それでVAWW-NetジャパンのMLで聞いてみた。そうしたところオランダとドイツにそのような組織が存在することを知った。

それら2つの組織をイラクの知人に紹介したところ、ヨルダンでそれら西欧の組織の協力をあおぐことも検討するという返事をもらった。

戦争における女性への暴力は犯罪だという、国連のマクドゥルガル報告を彼らに送りたいと思う。

それにしても、家族への教育を一番先に行うというのは正しい選択かもしれない。イスラムにはイスラムにあったケアの方法があるのだ。

イラクはあまりに多くの暴力がありすぎる。。。
by reem-akemi | 2005-10-31 01:01