毎日思うこと、感じることを日々の時間(とき)の中で綴ります


by reem-akemi
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30

2006年 12月 15日 ( 1 )

教育基本法

2006年12月15日

教育基本法が今夕参議院特別委員会を通過。あとは本会議を待つだけとなった。恐らく与党は数の暴力でこれを通すだろう。

今、安倍政権は支持率をだいぶ下げているが、あまり気にもしていないようだ。とにかく目前の法案を通すことが最大の課題と見える。それもこれも日本人の「水に流す」習慣と目先の利益に追われる国民性のゆえかも。

私は正直のところ、法律で人をしばることが果たして出来るのだろうかと疑っている。こんな法律を作ったところで、それが彼らの望むような形になるとは思えない。これだけあらゆる情報に囲まれている今の世の中で、いまどき国家のために尽くす人間が生まれるとは思えない。

基本法は教育の基本だから理想的な法律があるのが望ましいが、国会を通過しようとしている悪法を有効にするには子どもたちにそれを「強制」する根拠が必要になる。

今、親と子どもを競争に追い込んでいるのは(「強制」しているのは)人より良い生活をしたいという欲求だ。これをどうやって「国家」のために命を捨てる人間にするのか?安倍政権がしようとしていることは、今の子どもたちが置かれている状況と対極にあるような気がする。
それは、法律を変えたからと言って可能になるほど単純ではない。

言葉を変えると、私たちは理想的な教育基本法に守られながら真に人間的な教育を国家から受けたであろうか?

道徳の授業を増やしたからと言ってそれがなんになるのか。学校教育なんてたかが知れている。

安倍政権のしようとしていることなど恐れるにあらず。私たちは自分たちの望む教育を子どもたちにしていけばいいのだ。学校に期待しないことだ。
[PR]
by reem-akemi | 2006-12-15 00:35 | 政治・経済・国際情勢