毎日思うこと、感じることを日々の時間(とき)の中で綴ります


by reem-akemi
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

2006年 12月 31日 ( 1 )

2006年12月31日

バグダッドバーニング byリバーベンド。12月29日のブログをアップします。

今日、ついにサダム・フセインが処刑されました。これからイラクはどうなるのでしょうか?大きな混乱がなければいいのですが…。
以下、そのことについてもリバーは書いています。
********************************************************************
2006年12月29日金曜日
もう1年の終わり…
あなたの国は問題を抱えている:

1 国連は混沌と流血をおさえるために特別な部門ーUNAMI-を置かなければならない。
2 でも、あなたの国でそれを運営することは出来ない。
3 国をこのようなお粗末な状況にした政治家は、もはやどこにもいない。国内はもちろん国境の近辺のどこにも。
4 米国とイランの同意は国の情勢悪化をもたらす。
5 8年の戦争と13年の封鎖は'黄金時代'のように見える。
6 イラクは一日あたり200万バレルを表向き「販売」しているが、あなたは発電機用の闇市のガソリンを購入するために4時間並ぶ。
7 毎日5時間の停電のあと1時間だけ電気がくる。けれど政府は供給したその時間をもカットすると発表する。
8 戦争を支持した政治家が、(今の状態を)テレビで「宗派間の流血」か「内戦」かで討論して電気を使う。
9 行方不明だった親類の死体を2週間で見つけられたら、人々は自分たちが幸運だと考える。

普通のイラク人の生活は、車両爆弾を避けながら、死体の身元を確認し、拘留、あるいは追放、誘拐された親族を探すことで一日が終わる。

2006年は明らかに今までで最も悪い年。いいえ本当に。この戦争と占領の破壊は国中をおおっている。乾ききった大きな堅い土の塊を抱えて、これを粉々に砕こうと決めるわね。最新の軍事技術とミサイルでインフラを破壊する。これが最初の杭、するとひびが出来始める。次に数回の小さな杭を打ち込む。これがチャラビ、アル・ハキム、タラバーニ、パチャーチ、アラウィ、そしてマリキのような政治家。ひびは、かつて堅固だった大地の向こう側に広がっていき、ゆっくりと伸び始める。たくさんの骸骨の手のように縁に向かって手を伸ばしていく。圧力をかけ、四方八方から、押したり引いたりする。ゆっくり、しかし確実に。すると塊は大小の破片となってバラバラに分解する。

それが今のイラク。アメリカ人は粉々にするためにとてもよく働いた。この一年で、誰もが、それが最初からの計画であったと確信した。単に失態というには、あまりに多くの大失態があり過ぎた。「ミス」は大惨事をもたらした。ブッシュ政権が選び、支持した者たち(詐欺と横領のチャラビから、テロリストのジャファリ、民兵のマリキまで)は、誰がみてもひどかった。イラク軍を解散して、本来あった憲法を廃止し、イラクの治安を民兵に引き継ぐことを認める決定はダメージが大きすぎて、偶然とはいえない。

今の疑問は、でもなぜ?ということ。私は、ここ数日自問自答し続けている。アメリカはイラクをここまで破壊することで何を獲得するの? この戦争と占領が大量破壊兵器かサダムへの恐怖が原因だといまだに信じているのはとんでもない馬鹿だと思う。

アル・カイダ? こっけいだわ。実際のところ、ブッシュはここ4年間で、オサマがアフガニスタンの丘の10ヶ所のテロリストキャンプで育成したであろう以上のテロリストをイラクで創りあげた。子どもたちはいま「狙撃兵とイスラム戦士」遊びをする。一人が米兵の目の間を撃って、一人がハンビー[註:米軍の軍用車輌]をひっくり返したふりをする。

とりわけ、去年はターニングポイントだった。ほとんどすべてのイラク人が多くのものを失った。あまりに多くを。私たちがこの戦争と占領で経験した損失について説明する方法が全くない。毎日40体の死体が腐敗し切断された状態で発見されたと聞いたときの気持ちは、どのような知識をもってしても、言い表す言葉がない。すべてのイラク人の頭上にかかる恐怖の真っ黒な雲の補償が全くない。自分ではどうにも出来ないことへの恐怖:つまらないことでは、たとえば「スンニ派らしい」あるいは「シーア派らしい」名前について。より大きな恐怖はー戦車のなかの米兵、黒いバンダナと緑色のバナーをして地域をパトロールする警察、検問所にいる黒覆面のイラク兵。

またも私は、これらすべてのことがなぜ起きたの?と自問せざるを得ない。修復どころかイラクを壊す意味は何なの?イランだけが唯一得をしているように思える。イラクでのイランの存在はかなり大きい。伝統的で、公的な聖職者かアヤトラを批判すると、自爆テロに近づくことになる。したがって、影響力はアメリカをはるかに超えて、今や取り返しがつかないのでは?これもまた、すべての計画の一部?このことを考えると頭がズキズキしてくる。

今最も困惑している問題は以下の通り。なぜ火に油を注ぐのか?スンニ派と穏健なシーア派は南部の大きな街と首都から追放されている。バグダッドはたび重なる脅迫と恐ろしい攻撃のもと、シーア派がいなくなったスンニ派地域とスンニ派がいなくなったシーア派地域とに分かれている。人々は、検問所で公然と撃たれ、運転中に殺され…多くの大学が休校している。何千人ものイラク人がもはや学校に子どもを通学させないー安全でないからだ。

今サダムの処刑を強要して、なぜ事態を悪化させようとするのか?サダムを絞首刑にして誰が得をするの?イラン、当然ね、それとも他のだれ?処刑がイラクを砕く最終的な打撃になるという現実的な恐怖がある。サダムが処刑されるなら、いくつかのスンニとシーア派部族は、米軍に対してレジスタンスを送ると脅かした。普通のイラク人は、最悪のことが起きてもいいように準備をして、次に何が起こるかをじっと凝視している。

サダムはもう自分たちの代理でも、政権の代表でもない。アメリカの戦争プロパガンダは最初から最後まで終始サダムはすべてのスンニアラブ人を代表していると主張した(彼の政府の大部分はシーア派だったことを忘れないで)。アメリカ人は、スピーチ、ニュース記事、およびイラクの操り人形を通して、占領に対するスンニ・アラブの抵抗を擬人化して考えていることを明らかにした。基本的に、この処刑で、アメリカ人が言うことは「見てースンニアラブ人ーこの男よ、みんな知っている。私たちは彼を絞首刑にしたー彼はあなたを象徴する」 それに関して誤解しないで。この裁判、判決、そして処刑は100%アメリカがしたこと。数人の俳優はイラク人で十分、けれど、制作、監督、およびモンタージュは純然たるハリウッド製(それにしても安上がり)。

もちろんタラバーニが彼の死刑にサインしたがらなかった理由はー乱暴者が突然良心を持ったのではなく、彼は自分がサダムを絞首刑にする人間になりたくなかったのーそれをしたら、遠くに逃げることなど出来ないから。

マリキ政府はうれしくてしようがない。彼らは、裁判所が判決を出す前に処刑命令に批准したと発表した。2、3日前、あるアメリカ・ニュース番組でマリキ政権の高官であるバシミ・アルーハッサーニがインタビューされた。彼は米語のアクセントで今度の処刑は自分が参加するカーニバルのようだと話した。彼は座っていたが、低俗で愚鈍に見えた。彼の会話は「gonna」 「gotta」「wanna」という言葉にちりばめられていた[註:米語の典型的な発音]。アメリカ兵とつきあっているとこうなるのね。

私の結論はアメリカ人がイラクからの撤退を望んでいるということ。けれど本格的な内乱を後に残したがるだろう。なぜなら良くなるように思えないから。米軍が撤退して、いろいろなことが実際に向上し始めたとしたら?

ここに私たちは2006年の終わりを迎える。私は悲しい。たんに国の状態が悲しいのではなく、私たちイラク人が人間としておかれている状況に対して悲しいのだ。私たちは皆、4年前に抱いていた特別のものー何らかの同情と礼儀正しさを失った。例として私のことを書くわ。およそ4年前、米兵の死について聞いたときはいつも恐れで身がすくんだ。彼らは占領者ではあったが人間であり、その彼らが私の国で殺されたということを知って眠れない夜をすごした。彼らがイラクを攻撃するために海を越えてきたことを気にもしていなかった。実際、私はそう感じていた。

このブロッグで動揺するそれらの気持ちを記録にとどめていなかったら、私は現在、それを絶対に信じないでしょう。今、彼らは単に数字にしか過ぎない。4年間で3000人のアメリカ人が死んだって?本当? イラク人の死者数のひと月にも満たない数だわ。米兵に家族がいたって?それは残念。私たちもそうよ。そう、街には死体があり、死体安置所では身元確認のために並んでいる人がいる。

今日アンバール州で死んだ米兵は、先月、婚約の夜に撃たれた私のイトコより重要だというの?私はそうは思わない。彼は6年間待ち望んでいた女性と結婚する予定だった。

米兵の死者数がイラク人より少ないから、それで、イラク人の死を問題にしないんでしょ?

リバー@午後1時

(翻訳 細井明美)
[PR]
by reem-akemi | 2006-12-31 13:49 | バグダッド・バーニング