毎日思うこと、感じることを日々の時間(とき)の中で綴ります


by reem-akemi
カレンダー

<   2006年 07月 ( 14 )   > この月の画像一覧

2006年07月09日
 上田埼玉県知事が、先日「いわゆる従軍慰安婦問題に関する私の考えについて」という見解を発表した。それ以前に先の議会答弁でも「古今東西、慰安婦はいても従軍慰安婦はいない」と答弁し、さらに「こうした間違った記述は修正しなければならない」として平和資料館の展示の見直しを要請した。

 また、「慰安婦」は「民間の業者が連れて行ったりするのであって、軍そのものが連れて行ったりするわけは絶対ない」と答弁。しかし、1993年8月4日、日本政府が公表した「いわゆる従軍慰安婦問題について」と題した政府調査で以下のことが認定されている。

1 慰安所の多くは民間業者により経営されていたが、一部地域においては、旧日本軍が直接慰安所を経営していたケースもあった。民間業者が経営していた場合においても、旧日本軍がその開設に許可を与えたり、慰安所の施設を整備したり、慰安所の利用時間、利用料金や利用に際しての注意事項などを定めた慰安所規定を作成するなど、旧日本軍は慰安所の設置や管理に直接関与した…。
2 慰安婦たちは戦地においては常時軍の管理下において軍と共に行動させられており、自由もない、痛ましい生活を強いられていた…。
3 慰安婦の募集については、軍当局の要請を受けた経営者の依頼により斡旋業者らがこれに当たることが多かったが、その場合も戦争の拡大とともにその人員の確保の必然性が高まり、…業者らが或いは甘言を弄し、或いは畏怖させる等の形で本人たちの意向に反して集めるケースが多く、更に、官憲等が直接これに加担する等のケースもみられた。
4 旧日本軍は…その渡航申請に許可を与え、また日本政府は身分証明書等の発給などを行なうなどした。また、軍の船舶や車輌によって戦地に運ばれたケースも少なからずあった他、敗走という混乱した状況下で現地に置き去りにされた事例もあった。

 上記で認定された事実からもわかるように、旧日本軍は直接あるいは間接的に慰安婦制度に関与している。そして慰安婦たちの移送に軍の船舶・車輌も使われていた。すなわち「軍そのものが連れていった」のだ。

 知事の答弁の根拠は、彼の見解によると、
「その経緯については、当時の官房長官であった加藤紘一、河野洋平の両氏、そして内閣官房副長官として歴代内閣を支えた石原信雄氏の証言をもとに、櫻井よしこさんが文芸春秋(1997年4月)に詳細にまとめられています。」
 残念なことに政府の資料ではなく、雑誌に掲載された一ジャーナリスト(彼女は中国を仮想敵国として発言する戦争大好きな人)の記事だった。

 私は歴史(政治)には落としどころが必ずあると思っている。物事を先に進めるための処置だ。例えば、日本の国体と引き換えの憲法9条。それが良いとか悪いとかではなく、政治技術のひとつの方法だと思う。その意味では、日本政府の慰安婦調査の結果の河野談話は日本政府にとっては「慰安婦」問題の決着点だったのだろう。つまりここで日本政府はこの問題を清算したのだ(それを認めるかどうか、あるいはその後の補償をどうするかは別として)。
 私たちにとっても、過去の歴史の清算は、アジアでの旧日本軍の行為を検証し、次世代にそれをつなぐことしかない。それはどこの国でも行なっている普通の方法だと私は思う。

 今回の上田埼玉県知事の行為は、決着したことを蒸し返す政治家として最悪の行為だ。日本政府の公式見解と異なる発言をした愚かさは度し難い。もっとも最近はこういう政治家が多すぎる。

 1985年5月8日、ドイツ敗戦40周年記念講演で、ワイゼッカードイツ大統領(当時)は以下のようにドイツ国民に語りかけた。これはナチスの歴史を清算する目的を持って行なわれたものだ。

過去に目を閉ざす者は結局のところ、現在にも盲目となります。非人間的な行為を心に刻もうとしない者は、また新しい感染の危険への抵抗力を持たないことになるでしょう。

 過去の歴史をきちんと見ることは、決して自虐的に歴史を見ることではないと認識する。なぜなら、私は1945年3月の東京大空襲、8月のヒロシマ・ナガサキを決して忘れないから。
 ヒロシマ・ナガサキ・東京大空襲の決着は、60年たった今も、まだ着いていない。
[PR]
by reem-akemi | 2006-07-09 00:59 | 政治・経済・国際情勢

北朝鮮のミサイル騒ぎ

2006年07月06日

北朝鮮のミサイル騒ぎは胸が痛くなる事件。

マスコミが騒げば騒ぐほど小泉首相が冷静で有能な政治家に見えるというチョ~不思議な図式が展開されている。

朝鮮総連に右翼がおしかけ、新潟の港に拉致家族が抗議に行くという図式も今は定番。今日は一日この報道ばかり…。日本中で「悪魔国家ー北朝鮮」と決め付けている様相に危惧を感じる。

もっと冷静になりましょうよ。ミサイルが落ちた場所は日本よりむしろロシアに近い。ミサイルをこんな時期に飛ばすことが賢いとは思わないけれど、それを形相を変えて世の中がひっくり返ったように騒ぐのもどうかと思う。

あるテレビ局は時機を得たとばかりにパトリオット誘導の話をしている。日本はこの設備がまったくないと不安を訴えていたが、岐阜の米軍基地にパトリオットが装備されるという情報も入ってきている(小樽にはキティホークが停泊している)。

私が何より不思議なのは、ピンポイントで人間を撃つことのできるほどの整備を持った米軍が発射を知らなかったと言っていること。本当かしら?

小泉首相を始めとして、日本政府は気の毒だ。特に小泉首相。最後をプレスリーとエア・フォースワンで終わる予定がとんでもないことになってしまった。

キム・ジョンイルは日米政府を試しているに違いない。けれど、これはキム・ジョンイルが負けるかも。だってブッシュも小泉も深い政治哲学を持った人間たちでないから、どんな手をうってくるかわからない。まさに場当たりで判断していくだろう。
キム・ジョンイルが、ある期待をもってミサイル発射のボタンを押していたとしたら大きな勘違いだろうなぁ。

それにしてもなんと危険な賭けだろう。何かが起きたとき、一番困るのは韓国と中国。北朝鮮からの避難民が押し寄せてきて大変なことになる。何も起こらねばよいが…。
[PR]
by reem-akemi | 2006-07-06 02:49 | 政治・経済・国際情勢
2006年07月04日

アルジャジーラを読んでいたら見過ごしていた記事を発見。2005年3月31日、リバーベンドがアルジャジーラの取材を受けていた。
(翌2006年4月9日も取材を受けているーーーそれは4月のブログを参照してください)

一年前の話だけど、状況はさらに悪化。6月10日よりアップのないリバー…。どうしているのだろう…。

********************************************************************
戒厳令下のブロッガー
2005年3月31日木曜日、メッカタイム15:55、グリニッジ標準時12時55分

若いイラク女性(イラク侵攻と占領のもとで最初にブログを始めた)は最初の爆弾が投下されて以来、戒厳令が課され、生活がどのように変化したかをアルジャジーラに語りました。
バクダッドバーニングと名づけたブログで彼女は自分の名前をリバーベンドと称しています。26歳のコンピュータ技術者は、バグダッドで起きる出来事に対して女性の視点で見事に描いたために他のブロッガーとは明確な違いを見せるようになりました。

アルジャジーラ:
イラク暫定政府のイヤド・アラウィ首相によって出された戒厳令が今週で終わります。戒厳令は暴力の流れを食い止めるのに有効でしたか?

リバーベンド:
いえ、まったくダメです。夜(午後11時以降)に外出禁止令が出ましたが、暴力の多くが白昼公然と起きています。車両爆弾、迫撃砲による攻撃、誘拐が真昼間に公然と起きているのです。それはまた異なった種類の暴力を引き起こしました。国家警備隊などの新しいイラク治安部隊は、イラク人の家に侵入して、なんらの証拠もなく「容疑」だけで人々を勾留する権利を与えられました。そして「疑わしげに」見える車を銃撃する権利をも与えられました。

A:あなたは、暴力と無法における変化が全くなかったと言っているのですか?

R:暴力における明らかな変化はあります。初め、暴力は偶発的に行なわれました。今、ギャングと犯罪者は、より組織化されているように見えます、そして、暴力は違ったものになりました。誘拐と銃撃の標的になった医師と教授、たくさんのインテリ層を知っています。また、これまでのイラクの歴史上で一度もない、イラク人が不可解に思っている車両爆発と攻撃が増えています。

A:あなたはバグダッドの女性の生活がどう変化したかを広範囲に書き続けました。状態はどのように変化しましたか?良くなりましたか、悪くなりましたか?

R:イラク女性は、日常生活をすることそれ自体が闘いです。バグダッドは女性にとっては全く安全ではありません。私たちは昼間さえ、単独で出かけることができません。地域によって危険度は異なりますが、一般に、女性が一人でドライブはもちろん外出するのは得策ではありません。女性に対する攻撃はここ2年間増加しているように思えます。理由はさまざまです。専門的な仕事をする女性たちは仕事をやめるように圧力をかけられています。大学と高校の若い女性もハラスメント(イヤガラセ)から免れられません。
多くの女性がヒジャーブをかぶるように圧力をかけられています。バグダッドの中ではどこもヒジャーブなしで済ませることは出来ません。そして、その種類のハラスメントから女性を守ってくれる治安部隊はどこにもありません。多くの高キャリアの女性たちが、悩ませられ脅かされています。ある有名な婦人科医は誘拐され、国を出ることを条件に脅かされ、解放されましたが、彼女は恐らく次は殺されるでしょう。

A:イラク人はどのような日常生活をしていますか?あなたはかなり惨たんたる様子を描きますが。イラク人はクラブ、公園レストランなどに出かけますか?

R:バグダッドには、いくつかの会員制の高級クラブがあります(以前より少なくなりましたが)。私たちも時々レストランに出かけます。男性も女性も一緒に皆で行きます。公園は、麻薬密売人、行商人、ギャングがたむろしているので、以前のように人々が気軽に行く場所ではなくなりました。また、あまたいるギャングと犯罪者たちが警察官にワイロを渡し、犯罪を黙認しているので、武装した強盗・誘拐犯の組織的な犯罪が増えています。戒厳令はそれらの犯罪に対して何もしていません。

A:あなたは、治安状況が向上するという望みがありますか?

R:私は、米軍がより良い状態[訳者註:撤退?]になったときのみ、状況が改善されると考えます。占領軍の存在がこれまでの彼らの無法を正当化していると思います。

Aljazeera
[PR]
by reem-akemi | 2006-07-04 03:26 | バグダッド・バーニング
2006年07月01日

私は今日テレビを見て(聴いて)驚いた。小泉首相がブッシュ大統領との共同会見で「Thank you very much American people. Love me tender」と締めくくったからだ。「優しく愛して!」だって。これに対してブッシュが「Don't be cruel」と応酬したらしい。「冷たくしないで」だと。

なんじゃこれ? このバカバカしいジョークを共同通信も毎日新聞も、アメリカの記者たちが「爆笑」したと書いているが「嘲笑」の間違いじゃないかしら。ゴマスリもいい加減にしたほうがいい。

以下の記事も最悪。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20060630-00000048-mai-pol
<小泉首相>米大統領と親密ぶり 「最後の訪米」を演出

  29日の晩さん会で大統領は「親友を迎えた」と乾杯の音頭をとり、首相は01年の最初の首脳会談で大統領とキャッチボールをしたことに触れ「大統領と私は信頼のキャッチボールを続けてきた」と英語であいさつ。映画「真昼の決闘」でならず者に1人で立ち向かった保安官に大統領を改めてなぞらえ、「悪に立ち向かうときに米国は1人ではない。日本は常に米国の味方だ」と語った。 

「真昼の決闘」…。さっきはプレスリーで、今度は西部劇。しかも「悪に立ち向かうときは」と来たもんだ。
あ~~~~~、頭が痛い。

このお調子者たちのためにイラク人10万人、米兵2500人が死んだ。私たちはこんな程度の人間たちになぜ苦しめられなければならないのだろう。なぜこんな人間たちが世界の命運を握っているのだろう。

ファシズムは音もなく静かにそっと忍び寄る。バカなジョークを批判もしないジャーナリストにはファシズムの足音も聞こえない。

こういう時こそ心に浮かぶのはこんな詩。

自分の感受性くらいー茨木のり子

ぱさぱさに乾いてゆく心を
ひとのせいにはするな
みずから水やりを怠っておいて

気難しくなってきたのを
友人のせいにはするな
しなやかさを失ったのはどちらなのか

苛立つのを
近親のせいにはするな
なにもかも下手だったのはわたくし

初心消えかかるのを
暮しのせいにはするな
そもそもが ひよわな志にすぎなかった

駄目なことの一切を
時代のせいにはするな
わずかに光る尊厳の放棄

自分の感受性くらい
自分で守れ
ばかものよ
[PR]
by reem-akemi | 2006-07-01 01:09 | 政治・経済・国際情勢